茶碗蒸しの中 de 書評ぶろぐ

病気をきっかけに2年ほど主夫をしてました。 好きなマンガ、小説や主夫業についてツラツラ書きたいです、ほへ。

再び音楽を聴くためのディスクガイドたち

や、子育て中はもう子供のことで手一杯で音楽全然聴かなくなっちゃいました。

最近は少し余裕ができたので新しい音楽聴こうかなと思うんですが、高円寺のスモールミュージックはなくなっちゃし、御茶ノ水のジャニスは遠いし(小さくなったし)なかなか新しい音楽見つけるのも難しくなりました。ま、スポティファイとかもありますけど、あれのオススメはおい、AIちゃんと働けや!てくらいこちらの心に響かないんですよね。。。

そんなあなたにオススメしたいディスクガイドたちです。

本読むほうが曲聴くよりも短時間ですむもんね。この本を読んで気になった曲をようつべで調べるのがベタームーブっしょ。(うーん

 

①イサーン 旅するタイ・イサーンディスガイド

旅するタイ・イサーン音楽ディスク・ガイド TRIP TO ISAN

これはねえ。。。すっごくよい本(絶句)

辺境系ディスクガイド(?)で不満なのは知らない国の音楽なわけだから、バックボーンも知りたいわけですよ、こちらは。でも、ほとんど載ってないんですよね。ほかのガイドは。この本は違いますよ。もうとにかく、歴史!タイの歴史から「モラーン」と呼ばれるタイの音楽に迫っていく超絶構成。めちゃ手間かかってる。ライターくずれが版元から頼まれてはぜっっったいに作れないライターの人生を突っ込んだ名著。

ちなみにモラーンってこんな音楽。


タイ イサーンの音楽

夏!サマージャム2018って感じですよね。この本買わなかったら絶対聴かなかっただろうジャンル。ありがとうsoi48。いい仕事してますなあ。

 

 

②ブラック・マシン・ミュージック

ブラックマシンミュージック ディスコ、ハウス、デトロイトテクノ

坂本龍一だったかな、ビハインドマスク、YMOの曲ね。あれをマイケルジャクションがサンプリングしたいみたいな話があったそうなんですね、流れたそうですが。それで細野さんかな、黒人はジャストなリズムが大好きなんだ。だからデトロイドテクノが生まれたんだね。みたいな事を言ってたんですね(超うろおぼえ)

それ忘れてたんですけど映画のデトロイドとか、ドントブリーズとかまあデトロイド映画みたこともあって、そういえばと思い出したんですよ。で、買ったのがこれ。

やっぱ、歴史!

歴史を知ることで音楽が深まっていく、これがガキにはまね出来ない大人の聴き方!

この本も1979年のキル・ディスコから1998年の最新(当時のね)のデトロイドの今と昔が詰め込まれている。

長いんで要約すると、デトロイドテクノは反逆の音楽、抑圧されたマイノリティが作り出した音楽ってこと(たぶん)。ディスガイドとはチト違うけど、巻末に詳細なリストがあるから座して読むべし、聴くべし。デトロイドテクノは直線!ってイメージこんな風に。


Cybotron - Clear

 

 

③スタジオボイス 伝説の名盤300

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2003年 01月号 [特集 伝説の名盤300選]

名盤系で一番信用しているのがコレ!

年別に名盤を紹介しているとりあえず1970~2000年くらいはこれで抑えられる。一枚づづ、ブックオフで買うんだ!

手元にないから何が書いてあったかわからないが、ニューオーダーの「権力の美学」は載っていたはずだぞ、マストリッスンだ!世界で一番美しいロックだぞ。


New Order - "Leave Me Alone"

それじゃ、良い音楽生活をとりもどしてくださいーほんわかぱっぱ~

 

頼む! ブックマークか、読者になるボタンを押してくれ!

このままじゃmixiと同じようにモチベーションが続かないっ